デカ目メイクを綺麗に仕上げるコツ

デカ目メイクといえば、アイラインを太めに入れてつけまをたっぷり、カラコンをつける、というような派手なメイクと思われがちです。

その一方、最近はナチュラルメイクが流行していることもあり、デカ目メイクもナチュラル系が人気です。

ナチュラルに仕上げるのであれば、どの行程でも控えめにメイクしていくのがポイントです。

アイラインは細く、まつげの隙間を埋めるようにしていきます。

また、粘膜部分にもラインを入れる方法はナチュラルメイクには向いていません。

アイシャドーはブラウンカラーを薄くアイホール全体に広げていきます。

色をつけるというよりも、影を作る感じでまぶたにさらに重ねます。

まぶたの際はアイラインをぼかすようにします。

下まぶたの目尻側にも少し塗っておくとよいです。

目頭側には白っぽいシャドーをつけましょう。眉下にもハイライトとして白っぽいカラーを入れると立体感が出てデカ目効果が高まります。

つけまつげではなく、マスカラの方が自然に仕上がりますが、それでもボリュームが足らないというのであれば、つけまつげをつけても構いません。

できるだけ毛量の少ないタイプや目尻のみにすると自然です。

つけまつげをつけたらホットビューラーで自分のまつげとなじませて完成です。

【デカ目メイクが人気なワケ】


整形をせずとも手軽に目が大きく見えると、デカ目メイクが人気です。

日本人は目や顔のパーツが小さく、顔が地味に見えがちです。

人の顔を見たとき、目はまず視線が行く部分ですから、デカ目になると顔が華やかに見えます。

色の濃い口紅やチークを使うのも、顔を華やかに見せるメイク方ですが、目の方がその効果は大きいといえるでしょう。

一昔前は、デカ目メイクといえばギャルが行うものという印象がありました。

いわゆる「盛る」という状態で、つけまつげの重ねづけや着色直径の大きなカラコンを使うというものでした。

ですが最近は、ナチュラルでありながらもデカ目というメイクが流行してきていて、多くの人が実践しています。

オフィスや学校でも浮かず、いつもよりもちょっと目が大きい自然なデカ目メイクです。

カラコンを使うこともないため、目に不安を抱えることもありません。

つけまつげも、さまざまなデザインが登場し、ボリュームが少ないものや目尻だけに使うタイプなど、ナチュラルメイクにも合わせやすくなっています。

これらのことが現在のデカ目メイクブームにつながっていると考えられます。

これからもメイクの流行は変化していくでしょうが、デカ目メイクの人気はしばらく続きそうです。

ちなみにカラコンはロデオカラコンが盛れるのでオススメです。